mail
information
home

お酒が作る出会いと発見を大切に...お酒の新しい発見をご一緒に見つけませんか。

お酒が持つ楽しさ・素晴らしさをご提供します。


 
山形県 六歌仙 稲妻(いなずま)
山形県 株式会社六歌仙
稲 妻 INAZUMA
昭和47年、地元のメーカー6社が合同して発足。蔵は、山形県のほぼ中央に位置し、奥羽山脈を背景に、黒伏山の湧き水を仕込み水に使用し、県産の酒造好適米をふんだんに使って銘酒を醸しています。伝統を重んじながらも、新技術を積極的に採用し、常に技術革新をしていくことを酒造りの基本方針に、伝統と近代設備、そして蔵人と自然の融合を最大限に生かし酒造りに欠かすことのできない微生物の力を発揮させることで「純粋醗酵」を心がけています。株式会社六歌仙は、全国でも数少ない近代工場で醸造しています。

「稲妻」の由来...

稲作の時期、夏から秋のはじめにかけて雷が多く発生する年は、日照時間も長く、気温も高まり、雨雲の発生で降水量も多いなど豊作の年とされています。また、雷雨の時には、その落雷によって大気中の窒素が田畑に溶け込み、その土地は栄養豊かな土地になるので豊作に大きく影響することから、雷光が稲を実らせるという信仰が生まれ「稲の妻」の意味から「稲妻」とされました。
-いなずま からくち-
稲妻
辛口
稲妻 辛口
使用米 山形県産米
日本酒度 +4.0 精米歩合 真精精米70%
酸 度 1.3度 アミノ酸度 0.8度
アルコール度数 15.0度
価 格
(税込み)
1800ml:1,985円(ギフト箱無し)

山形県の酒蔵「六歌仙」の業界屈指の精米技術を用いて醸された淡麗辛口のまさに「お手本酒」です。飲み飽きしないお酒の決定版!

1800ml購入